塩素系スプレーで臭いを取るよりオゾン水の方が良い面を比較

何か嫌な臭いが発生しているときに、塩素系スプレーを使ってごまかそうとする人もいます。
しかし塩素系スプレーと比較すると、オゾン水の方が良いでしょう。
2つを比較してオゾン水にある良い面を理解して、臭い対策を万全にしてください。

まず塩素系スプレーですが、臭いが発生している場所に吹きかけて使います。
消臭スプレーと呼ばれる場合もあり、嫌な臭いをカモフラージュすることが目的です。
使用されている成分によって、期待できる効果が異なる場合もあります。
臭いの原因に対して根本的に働きかけるのではなく、物質を抑え込んだり包み込むだけのものもあります。
つまり塩素系スプレーを使用しても一時的な臭い対策はできても、臭いの原因そのものに対する対策としては不十分な場合もあるのです。
少し時間が経つと元通りとなり、臭いが気になる場合もあります。

オゾン水発生器を使い消臭を行うと、酸化力によって臭いの物質を分解できるのです。
酸化後に物質は別の物質となるため、根本的な臭い対策が可能となります。
くさいものを燃やすと臭いが消えますが、それは物質が酸化したことで臭いが消えたためです。
オゾン水を使えば燃やさずに同じことができます。

根本的な臭い対策ができるため、きつい臭いに対しても有効です。
塩素系スプレーでは期待できる効果が限定的となるため、それほどきつい臭いでなければ良いでしょう。
しかし壁やカーペットに染み込んだ臭いに対しては、オゾン水の方が良いです。
タバコやペットの臭いなどは空中を漂い、壁やカーペットに染み込む場合もあります。
しつこい臭いに対して塩素系スプレーを大量に使うより、オゾン水発生器を導入して根本的に消臭した方が経済的かもしれません。


また用途で比較しても、オゾン水の方が良い場合もあります。
塩素系スプレーの説明書きをチェックすると、特定のものに対しては使うなという注意書きがあるかもしれません。
たとえば野菜や果物などには使えない場合もあり、用途に限りがあります。
オゾン水は濃度に注意していれば、野菜や果物を洗う際に使っても問題ありません。
食品加工の現場や介護施設などではオゾン水発生器と導入し、野菜や果物などを洗浄するところもあります。

塩素系スプレーも用途を限定して使い分ければ良いかもしれませんが、記事の中で紹介した通りオゾン水には良い面があります。
しつこい臭いがどうしても取れない場合、オゾン水発生器の導入を検討してみてください。

様々な用途で便利なオゾン水発生器の使い方を広く解説します

オゾン水発生器があると様々なことに役に立つため、仕事においても日常生活においても便利かもしれません。
設置したとしても使い方がわからなければ困ってしまうため、オゾン水発生器の使い方について紹介します。
主に衛生面で使えるため、臭いや菌を抑えて病気の予防などができるでしょう。

飲食店や一般家庭で料理をする際、包丁やまな板などの道具を使うでしょう。
普通に水と洗剤を使って洗うだけだと臭いが残り、除菌効果が不十分という場合もあります。
オゾン水発生器を使いオゾン水で洗うと、一般的な洗剤にはない消臭効果と除菌効果が期待できるのです。

包丁やまな板に汚れが付着している場合、洗剤を使って洗い落としてください。
その後直接オゾン水をかけて洗浄するのです。
まな板の表面に凹凸があればオゾン水を30秒ほどかけて、スポンジを使いこすると良いです。
オゾン水を使って洗浄した後は、水洗いの必要はありません。
料理やその後の掃除の作業でふきんを使った場合、オゾン水に浸けておくことをおすすめします。


脱臭効果と除菌効果の他に、漂白効果も期待できます。
排水溝やシンクなどの設備を清潔にしたい場合、オゾン水の濃度を高めに設定して流水または散布してください。
こうすることでぬめりの除去が期待できます。

オゾン水発生器は手洗いうがいでも使うことができます。
一般的な石けんやうがい薬でも十分な場合もありますが、病気の原因となる菌への対策としておすすめです。
オゾン水に期待できる除菌効果は高く、一般的な石けんでは対策が不十分となるノロウイルスなどにも有効と言われているのです。

手洗いの方法は普通の石けんと水を使った方法と大差ないですが、使う水がオゾン水に変わると考えてください。
洗うときは手のひらだけではなく、指の先や間まで丁寧にもみ洗いをすることがコツです。
隅々まで丁寧に洗うことで、より高い効果が期待できます。
うがいの方法も手洗いと同様、普通の方法と大差ありません。

ちなみにオゾン水は安全性が高いため手に触れても問題なく、うがいのために口の中に含めても問題ありません。
口の中にある菌やウイルスなどを死滅させて洗い流すことで、風邪やインフルエンザなどの予防効果が期待できます。

以上の通りオゾン水発生器があると様々なことに使えるため、生活の質が大きく向上する場合もあります。
何かトラブルが起きてから導入するのではなく、トラブルを回避するために素早く導入すると良いでしょう。

オゾン水発生器の効果とは?オゾンがにおいや菌を排除する仕組み

人が多く集まる施設や医療現場などを見ると、オゾン水発生器が設置されている場合もあります。
オゾン水発生器にはどのような効果があり、私たちの日常にどのように関わっているのでしょうか。
発生されたオゾンがにおいや菌を排除する仕組みを解説します。

オゾン水発生器に期待できる効果ですが、代表的なものが2つあります。
1つ目はにおいの排除で、悪臭の抑制にも効果があるとされています。
オゾン水発生器によって処理された水には、オゾンが含まれています。
それが悪臭の原因となっている成分と反応し、酸化を起こします。
人間の鼻の奥には嗅細胞があり、それが刺激されるため嫌なにおいを感じてしまうのです。

オゾン水を使うと、嗅細胞を刺激する物質を無臭化させることができます。
酸化後に成分を別の物質に変換することで、においを排除するという仕組みです。
オゾンからは酸素原子や酸素イオンなどが発生し、これらはにおいの成分と反応しやすいという特徴を持ちます。
畜産業界や産廃業界、衛生管理が求められる医療業界などから採用されています。
ペットの臭いが気になる場合、一般家庭でも採用されることもあります。
食べ物の臭いを抑えるために、飲食店でも役に立つでしょう。

2つ目の効果は菌の排除、つまり除菌です。
オゾンから発生する酸素原子には、細菌の細胞膜を酸化させて死滅させる効果があると言われています。
実際に欧米の浄水場では、オゾン殺菌が主流のようです。
理由は素早い反応が期待でき、新しい毒性物質が発生する心配がないためです。
またオゾン水発生器によって処理されたオゾン水には、素早く酸素して変化後に残留しないという特徴もあるのです。
このようにメリットがあるため医療や食品の現場、飲食店の厨房などから採用されています。

同じような用途で次亜塩素酸水が使われる場合もあります。
オゾン水と次亜塩素酸水を比較しても、前者の方がおすすめです。
次亜塩素酸水に含まれている塩素は分解しにくく、残留しやすいという特徴があります。
手荒れや皮膚の炎症などの原因となる場合もあるため、敏感な人は注意が必要です。
しかしオゾン水は比較的安全性が高く、高濃度でなければ口や目に入っても問題ないとされています。

においや菌に関するトラブルが心配な場合、積極的にオゾン水発生器を使用することをおすすめします。
様々な人々の日常の中で役に立っている場合もあり、次亜塩素酸水などの他の種類のデメリットをカバーできるのではないでしょうか。

オゾン除菌器・業務用、マイカー、車載、ポータブルタイプ

オゾン除菌器・マイカー、車載、ポータブルタイプ

オゾン水発生器はメンテナンスは必要なの?期間はどれくらい?

オゾン水発生器を適切に使用すれば、除菌や消臭などの効果が期待できるでしょう。
しかしオゾン水発生器は機械であり長く使用すると調子が悪くなることもあるため、メンテナンスが重要となります。
メンテナンスを行う場合、期間はどれくらいは良いのでしょうか。

オゾン水発生器には、メンテナンスが必要です。
使用を続けていて問題がないように見えても、小さな汚れが溜まっている場合もあります。
汚れが大きくなると目立ち、機能性にも影響をおよぼすかもしれません。
正常に機能するオゾン水発生器であれば、オゾン濃度を一定に保つことができるはずです。
しかし汚れにより故障してしまうと、オゾン濃度の一定に保つ機能に問題が発生する場合もあります。

室内で使用する場合、オゾン濃度が高くなると臭いが発生します。
その臭いにより頭痛や気分が悪くなるなどの症状が現れる場合もあるため、小まめに掃除することをおすすめします。
乾燥剤とオゾン分解剤などを使う種類もありますが、こうしたものは消耗品です。
つまり寿命があるため、いつまでも同じものを使い続けることはおすすめできません。
古くなった消耗品により汚れが溜まり故障の原因となるかもしれないため、定期的に交換してください。

メンテナンスの期間ですが、使用するオゾン水発生器ごとに異なる場合もあります。
説明書を読むとメンテナンス期間の目安が書かれているため、使用前にチェックしておいてくだい。
消耗品ごとにメンテナンス期間が書かれている場合、その内容に従ってください。
たとえば3ヶ月と書かれていたら、3ヶ月を目安としてメンテナンスを行うのです。


しかしそれはあくまでも目安であるため、3ヶ月より短い期間で小まめに掃除しても問題ありません。
使用頻度が高く大量のオゾン水を発生させる必要があれば、3ヶ月では不十分かもしれません。
1,000時間稼働させたら消耗品を交換してください、などのように期間の長さではなく稼働時間で書かれている場合もあります。
使用して外側に汚れが付着していることに気が付いたら、毎日でも拭き取ってください。
綺麗な布を使って軽く拭き取るだけなら簡単であり、内部にある部品や消耗品を取り出す必要はないです。

簡単なメンテナンスなら毎日行い、内部の部品や消耗品を掃除したり交換する場合は目安をチェックするのです。
故障してしまうと修理や新品購入のために費用がかかるため、メンテナンスを行った方が経済的とも言えます。